発表会について

ピアノを習うお子様にとっても、習熟の励みになるのが発表会です。習ったことがどれほど身に着いたかを親御さん方へ披露でき、また親御さんにとっても成長過程の1ページとしてご家族の思い出にに残る、微笑ましい場であり、私も講師として勤めていた頃よりそのような機会のお手伝いをさせていただいてきました。

私のピアノ教室ではお年寄りの方々の集う施設で発表会を催すことがあります。きれいな衣装を身に着けて、一生懸命ピアノを弾く晴れの舞台とは少し趣きが異なりますが、優しく穏やかな午後の日差しが入り込む老人ホームのホールで一人ひとりのお子さんたちが自分の楽曲を一生懸命奏でる姿はとても微笑ましく、可愛いピアノの演奏が続く中、お年寄りの方々も親御さんも、子供たちも皆和やかな空気に包まれます。子供たちのピアノが笑顔を運んでくれる素敵な場に立ち会えて喜ばしい限りでした。

ただ必ず参加しなければいけないというものではありません。ピアノを通じて音楽を好きになってもらうことが何よりであって発表会そのものがプレッシャーとなって、本人の意欲やピアノや音楽に対する思いを損ねてしまってはいけないと思います。

本人が「やってみる!」「やりたい!」と言った時に、レッスンに取り組む姿を見守ってあげられるようにできればと考えております。